北欧発祥の認知症ケア、グループホーム。
老人と介護
「グループホーム」は少人数の高齢者が個室を持ちながら共同生活を送る場です。
ここでは「見守る」ことを第一とした家庭的な介護サービスを提供することにより、症状の進行の緩和と家族の介護負担の軽減を図ります。
北欧の福祉先進諸国で生まれたその機能は「認知症介護の切り札」と言われ、介護保険制度よりもいち早く日本国内でも普及が始まっていました。
「グループホームうららか」は、平成17年に開設された御所野の街並みと緑に融け込んだアットホームなグループホームです。

グループホームうららかのTwitterです

ホームのご紹介

グループホームの紹介写真1
公益社団法人日本認知症グルームホーム協会 会報「ゆったり」より

メデイア掲載

秋田県の会社訪問1712-vol1|秋田の会社訪問【ビージョブナビ】で紹介されました。
クリックするとご覧いただけます。

リーフレット紹介

表

裏

よくある質問

お問い合わせ

アクセス